最近の伝言 北海道の少年迷子ことについて

北海道の少年が行先知れずになった事案について、あたしはセキュリティ見つかってよかったと思いましたが、そのごのパパとこういうストーリーについて少し普通の家庭ではありえないのではと思いました。ストーリーの種目として、パパが見つかった自分の坊やに対して誤った意味、ここまでは普通だと思うのですが、その後の少年のことわざ、いいよ許すよといったことわざは、所帯として幾らか違うのではないかと思います。普通の家庭ならばここで幼児も自分も悪いことということをわびるべきなのではないかと思います。ひいてはこんな事案に巻き込まれてしまったために少年も世間に現れるたびに話題になってしまって、それが原因で精神病にならないかが心配です。男子の仕方としてもたとえ聞かん坊の坊やだからといって山々に孤立でおいて生じるというのはしつけとしてもやりすぎなのではないかと思います。今回無事に見つかったからよかったもののもしも見つからずにいたらパパとしての権限はおろか、自分のライフも駄目にしてしまうフロアだったと思います。ミュゼ VIO